借金が返済できなくなったら自己破産

最初の予定ではコンスタントに返済できると思っていても、時にはそれが困難になってしまう事は珍しくありません。

そして中には借金で借金を返済しようとする人もいる程です。

しかしそうなると結果的には多重債務に陥り、自力では何ともできなくなってしまいます。

多重債務に陥ると、債務整理をして借金の減額・免除を行う事も可能です。

しかしこれらの方法は気軽に利用するものではなく、どうしても問題が解決できなくなったときにのみ選びましょう。

債務整理の一つが自己破産です。

これは借金の免除をしてもらう方法で、裁判所で全ての借金を免除してもらう方法です。

自己破産のメリットは、これ以上借金に苦しめられなくなるという事です。

もうそんな苦しみを感じる事もなく、新たな生活を送る事ができます。

しかしメリットもあればデメリットもあり、まず価値がある財産は手放さなければいけなくなります。

さらに官報に記載されるし、ブラックリストにも掲載されます。

一定期間は特定の職業には就く事ができなくなるので、慎重に行いましょう。

自己破産をするとブラックリストに掲載されます。

その期間は5年から10年程で、その間は新たな借り入れはできません。

これは消費者金融等だけが対象となっているわけではなく、住宅ローンやマイカーローン、教育ローン等も対象です。

一切のお金を借りる事ができなくなるので、今後お金を借りる予定がありそうな人は注意しましょう。

ただブラックリストには未来永劫記載され続けるわけではありません。

その情報が削除されれば、また新たな借り入れは可能です。

ただ何度も借金苦に陥るのは良くないので、次にお金を借りる時は必要最小限、自分が返済できる分だけにしておきましょう。