借金の返済が困難なら

借金をするとその元金に利息をプラスして返済していきますが、その返済が順調という方もあれば、遅延を繰り返していたり、多重債務に陥り返済が困難になっている方もいらっしゃるものです。

借金の返済が困難な場合は複数の借金をまとめるなどの解決策も考えていきましょう。

借金をまとめると元金は減っていないものの、利息の負担はかなり減らすことができます。

借金をまとめてもまだ返済が難しいという場合は債務整理も検討してみましょう。

債務整理を行うことで、将来の利息がカットされる、過払い金が戻ってくるなどでより返済は楽にすることができます。

収入が安定しているのであれば民事再生や任意整理で借金の返済を楽にすることができますので、それぞれに合った整理方法を選んでいきましょう。

要チェック⇒債務整理する

民事再生や任意整理を検討してもまだ返済が厳しいのであれば、自己破産も考えてみることとなります。

この場合は裁判所に支払いが不能であることが認められるとすべての借金の返済義務がなくなるという方法です。

免責が降りると返済義務はなくなりますので、借金の取立てから追われることもなくなり、毎月の返済の心配もなくなります。

そして、今まで返済にあてていた収入も自由に使えるようになります。

自己破産は借金がなくなるのは大きなメリットと言えますが、デメリットについても理解しておきましょう。

まず、20万円を超える価値ある財産は原則としてすべて処分されます。

さらに資格制限もありますので、一部の職業の方は破産の手続きを行っている場合は仕事に就くことも制限されてしまいます。

その後7年程度は新たにローンを組むことは難しくなることも理解しておきましょう。

自己破産のメリットとデメリットを知りたい

自己破産は、裁判所に破産申立書を提出することで、支払いが不能とみなされ、免責が受けられるとすべての債務をゼロにすることができます。

複数の貸し金業者から債務があると、毎月の返済額が膨れ上がり、返済をするのが困難になった時は、自分1人で解決するのは難しくなります。

信頼できる弁護士に電話や店頭で相談をするようにして、借金の総額がいくらあるか正直に話すことが大切です。

自己破産に必要な書類などを教えてもらうことが出来るので、準備をしておきましょう。

自己破産をすると、家や自動車、生命保険を手放して、債権者に還元をする必要があります。

生活に必要な20万円以下の預金や、3か月分の生活費の現金、生活必需品などは手放さなくて済みます。

デメリットは、免責を受けてから7年から10年ぐらいは、自動車のローンなどを組むことはできず、クレジットカードも作れなくなります。

多少のデメリットがありますが、生活を立て直すことができます。

債務を支払う必要はなくなりますが、税金は納めなくてはなりません。

家族に迷惑が掛からないか不安を感じている方が多いですが、家族が連帯保証人などになっていない場合は、それほど悪影響はありません。

破産後も家族は、自動車ローンを組んだり、クレジットカードを作ることが出来るので安心してください。

債権者に大きな迷惑を掛けてしまったのですから、同じ過ちを繰り返さないことが大切です。

ほとんどの弁護士事務所では、相談料が無料になっているので、支払い不能になっている場合は、債務整理を依頼するようにしてください。